「自己調整」した理由

連合総合生活開発研究所は、第24回「勤労者の仕事と暮らしについての
アンケート」調査の結果を発表しました。
20~64歳の男女2,000名から有効回答を得たこの調査は、首都圏および関西に
居住する民間企業雇用者を対象にインターネット上で行われました。
同調査では、1年前と比べた景気認識について「悪化した」と回答した人が
約50%にもなりました。
また、自身が今後1年の間に失業する可能性に対しても「可能性がある」と
回答した人が約50%となりました。
この調査結果は、まるで今後の「景気悪化」に対する不安が
強まっていることを示しているようです。
また、残業に対する調査も行われています。
所定外労働を行った人のうち、残業手当を全額支払われた人は半数以下
全く支払われなかった人も約7%ほどいました。
中には残業手当の一部またはすべてを申告しなかった人もいます。
申告しなかった人の多くの理由は「申告しづらく、申告する際に
自分自身で調整した」としています。
職場の雰囲気が、残業手当の不払いを招いているのかもしれませんね。

無職の人の借入への注意点

専業主婦などの無職の人が借り入れする場合は、もちろん自分自身に収入がありませんので、借入額には注意が必要です。限度額いっぱいまで借入して、返済できなくてまた借りるといった状態に陥ると、債務整理などをしないと追いつかない事態になってしまいます。

借入するときには、まずは返済できる額をしっかり検討してから借り入れることをおすすめします。

また、無職の人へ借り入れが可能というような甘い言葉で、融資を迫る悪徳業者が存在していますので、注意が必要です。このような悪徳業者は、法外な金利で返済を迫られたり、法外な取立てなどをしてくる業者もいます。

このように、借入の時には金融業者の商品と共に会社の信用度も調べた上で借入することができれば安心でしょう。

専業主婦即日キャッシング

おまとめローンというけれど

メールには一日何件ものローンのオススメのメールが来ます。なぜにこんなに借りて欲しいのか全くわからないが実際のところ私も利用したことがある。おまとめローンにすれば、払いやすい、一回に払う金額が少なくなる等の決まり文句が並べられてあり、利用したのだが、すぐわかった、まとめるということは金額が多くなり、金額が多くなるということは金利が多くなり結局は苦しいのは変わらない。ただ実際、払いやすくなったのは確かだった、今まで払っていた金額より少し少なくしてだが予定の金額より多め多めに払っていけば返しているという実感もあり、頑張りがいがあったのも事実だった。
おまとめローンお得金融比較ナビ【おまとめローン利用して毎月返済を少なくしよう】
ただ今自分が他人におまとめローンを進めるかというとそれは何とも言えない、計画性がある人ならば返すメドがつきやすいが、そんな人がおまとめローンをしないと苦しくなるまで借りるだろうかという疑問もある。あえていうなら最近は100万以下でも金利を安くしている所が多くなったので検討するなら気分的にも楽になるかもしれないというところだろうか。